元AKB48研究生グラドルが匂いフェチ専門店に体験入店

男性ならご存知の方もいるかもしれませんが、女性の人はほとんど知らないであろう、お店があるんです。それは臭いフェチ専門店です。一体、どんなことをするお店なのか?どれくらい稼げるのか?気になる女性もいると思います。そんな人の為に元AKB研修生で、今はグラドルとして活躍している金子智美さん(28歳)がAbema TVのバラエティ番組「給料明細」に出演し、番組調査隊として匂いフェチのプレイができる専門店に体験入店取材した模様が放送されました。

関東唯一の匂いフェチプレイのできる専門店に金子さん自ら電話して、面接してもらうことに。ちなみにこの番組の情報によると、こちらは匂いフェチな男性に自分の体臭を嗅がせるお仕事で、その日の接客数にもよりますが1日だいたい1万?3万くらい稼げるそうです。つまり匂いを嗅がせるだけでこんなにも高収入が得られるお仕事だということ。話を戻しまして面接に来た金子さん。イケメン店長から説明を受け、その日からすぐに働けるかと思いきや、この日は仕事にならないからと帰らされることに。なぜなら金子さんが無臭だったから。そう、このお店は体臭がないと仕事にならないのです。そこで店長からパンティを手渡され、一日中履いて蒸らしてから出勤してくださいと。

後日、蒸れ蒸れパンティを履いてお店に行くと店長から合格のサイン。ということで早速、お仕事へ。今回は「60分18,000円のコース」でお客様の待つラブホテルへ。

そこで待っていたのは匂いフェチなサラリーマン。しかも、パンツ一枚で待ち受けていたので金子さんもビックリ。不安を抱きながらも料金を受け取り、お仕事スタート。まず、その男性は足の匂いを嗅ぎたいと。パンストで蒸れた金子さんの足をクンカクンカ匂いまくり。さらにはその足で顔を踏まれたいとリクエストもエスレート。ますますテンションの上がった男性は金子さんに服を脱ぐようリクエスト。下着姿になる金子さんをよそに脱いだパンストに貪りつく男性客。至福の表情で匂いを嗅ぎまくります。この後も金子さんにおにぎりを握ってもらうなどのプレイを経て終了のお時間に。

仕事を終えて金子さんは疲労困憊の様子で「きつかったですね…」とポツリ。そして今回のお給料は60分18000円の半分が取り分、つまり9000円です。

時給9000円という高額な給与を手にしたにも関わらず金子さんは「割りに合わない。臭い好きな人の気持ちはやっぱり理解できなかったです」と暗い表情でした。でも、これはグラドルの仕事をしている金子さんの感想。一般人の女性からすると、こんな割りのいい仕事はない!と思う人も多いのではないでしょうか。