実は女性のほうが多い!匂いフェチワールドの男の割合

女性の匂いフェチ

フェチとは…性的嗜好の一つで呪物崇拝、物神崇拝、拝物愛などとも関連するフェティシズムの略。また特定の種類の物に異常な執着、偏愛を示す人のこと。まあ、なんとなく、そんな感じの意味かなぁ…というのは皆さんも認識はあったでしょう。そんなフェチには色々な種類がありますが今回は匂いフェチについて考察。実は本当の匂いフェチというのは男性よりも女性の方が多いのでは?と思うのです。それもふまえて男性の匂いフェチの実情に迫っていきたいと思います。

匂いフェチと聞いて、男性の性癖というイメージを持たれていませんか?確かに女性の体臭に興奮するフェチな男性は多いです。でも、この匂いフェチな人たちの大半が微香な匂いフェチと言っていいでしょう。ちょっと酸っぱいくらいの汗の香り、ほんのり香る程度の体臭が好きという人たち。本当にキツイ匂いを好む汗フェチの男性は意外と少ないようです。こうした点では女性の方が多いように思えます。女性の匂いフェチの大半が男クサイ匂い、特に汗の臭い、ガテン系の仕事をしている男性臭を好む人たち。強烈な男性の体臭にそそられるという匂いフェチが大多数を占めます。

もっと極端な話をしますと、女性の匂いフェチは男性の陰部の匂いがキツくても、それはむしろ大好物と言っても過言ではありません。しかし、男性の匂いフェチは女性のアソコの匂いがキツイことに耐えられない人が多いのです。微かな匂いとか、少し汗臭いとか微量なアンモニア臭には興奮しますが、鼻をつくような臭いには拒否反応を示すのです。特にオリモノや生理の血の匂いは男性には耐えられないみたい。そこにいくら愛があっても駄目なようです。女性の匂いフェチであれば、愛があればどんなに相手のアソコから刺激臭がしても、それすらも愛おしく思えるそう。

もし、パートナーの男性がアソコを舐めてくれない…という女性は、もしかするも匂いが原因かもしれません。自分ではアソコの臭いってなかなか分からないですから匂い対策をした方がいいかも。なぜなら、よほどでない限りは男性も少しくらい(アソコが)臭う方が興奮しますからです。ですからアソコを舐めてもらえないとなると、かなりの激臭がしているかもしれませんから要注意です。ちなみにアソコの匂いに限らず、女性の腋の匂いも、少し甘酸っぱいくらいの香りは好きだけど、ワキガまでいってしまうとダメのようです。でも、真の匂いフェチというのは、そういう香りまでも好む人のことをいうのです。ですから男性の匂いフェチというのは大抵が微香フェチということ。これが男性の匂いフェチの実情ではないでしょうか。